サイト移動用メニュー


ホーム > 選択制の制度設計 > 選択制の導入効果

選択制の制度設計

選択制の導入効果

  • 従業員は選択した確定拠出年金(401K)の掛金が所得税、住民税、社会保険料の対象外となります。
  • 事業主は折半負担する社会保険料が下がる可能性があり、経費節減の副次効果があります。

確定拠出年金の税制の優遇措置等

選択制の導入効果

※企業の退職年金等積立金に対する特別法人税の課税は確定拠出年金制度開始当初より停止されており、現在平成32年3月末までの停止継続が決まっています。

このページのトップへ