サイト移動用メニュー


ホーム > 選択制の制度設計 > 選択制のメリット・デメリット

選択制の制度設計

選択制のメリット・デメリット

メリット

  • 掛金が全額所得税、住民税の対象外、また社会保険の算定基礎からも外れる
  • 運用期間中のキャピタルゲイン、インカムゲインが非課税
  • 老齢給付金を一時金で受け取ると退職所得控除の活用が可能
  • 役員も従業員と同様に差別的な取扱なく加入できる(役員の掛金も全額損金扱い)

デメリット

  • 事業主は制度運営のコストを負担する必要がある
  • 一旦掛金の拠出を選択した者は法令による場合を除き、掛金の停止は認められない
  • 法令に定められた場合を除き、原則中途での資金の引き出しは不可
  • 加入者期間が10年に満たない場合、給付は最大65歳までスライド
  • 厚生年金保険料の等級が下がることにより、将来の厚生年金給付の金額が下がる可能性

このページのトップへ