サイト移動用メニュー


ホーム > 選択制の制度設計 > 選択制の概要

選択制の制度設計

選択制の概要

  • 給与や賞与等の総額人件費を見直すことで会社が新たな掛金負担をすることなく確定拠出年金(401K)を導入します。
  • 確定拠出年金(401K)の掛金は給与所得とならないため、従業員は税制メリットを得ることができます。
  • 確定拠出年金(401K)の掛金拠出を従業員による選択とすることが出来ます。
    加入を希望しない従業員は従来の給与と同額を受け取ることができます。

選択制の概要

このページのトップへ