サイト移動用メニュー


ホーム > 厚生年金基金からの移換 > 代替制度の必要性

厚生年金基金からの移換

代替制度の必要性

  • 平成26年4月に厚生年金基金の解散及び制度移行を促すため、厚生年金保険法が改正されました。
    9割の基金がすでに解散又は代行返上の方針を決めています。
  • 基金の解散に伴い、今まで積み立てた年金基金の資産を他の制度に移換する検討が必要です。
  • ダイレクトプランは基金の代替制度として人数規模に係らず厚生年金基金の移換をお引き受けします。

事業主の検討事項

  • 基金解散による年金の給付減少について検討が必要です。
  • 残余財産を移換する後継制度について検討が必要です。
 

従業員の問題点

  • 基金解散により年金支給額が減少します。
  • 残余財産を一時金で受給した際には、一時所得による課税が発生します。
  • 基金加算部分の加入期間の年金記録が消滅します(退職所得の控除期間等が消滅します。)。

資料 : 厚生年金基金の解散に伴う確定拠出年金への制度移行について

このページのトップへ