サイト移動用メニュー


ホーム > 厚生年金基金からの移換 > 代替制度の必要性

厚生年金基金からの移換

基金移換のメリット

中小企業・零細企業のみなさまは基金資産を確定拠出年金に移換することをお勧めします。理由は下記4点です。

確定拠出年金口座に非課税で移換できます。

加入者の年金資産は一時金で受け取ると課税対象となります。加入者期間の年金記録を消滅させることなく確定拠出年金口座に移換することをおすすめします。

希望者のみ年金資産を移換することが可能です。

確定拠出年金の移換は希望者のみとすることも可能です。一時金を受け取りを希望する方従業員は確定拠出年金に移換せずに一時金で受け取ることが可能です。

一時金の受け取りを希望する従業員は制度運営コストが割安です。

一般的に確定給付企業年金(DB)を導入するよりも制度運営費が割安です。
中小零細企業ではDB、DCの両制度の導入はコストに見合わないためおすすめできません。

手続きが簡単です。

新規に確定拠出年金を設立する手続きと変わりません。
希望者加入の制度とすることで、口座を開設した加入者は厚生年金基金の残余財産を移換することができます。

このページのトップへ