すべての「あなた」に、確定拠出年金ならSBI証券へ

確定拠出年金の運用方法

確定拠出年金の運用方法とは

確定拠出年金では、加入者自ら商品を選択し運用します。 しかし一度決めたポートフォリオ(運用商品の組み合わせ)から変更しないと、 時間の経過と共にアセットアロケーション(資産配分)が自身の運用方針とは異なるものになってしまう可能性があります。
仮に変化がない場合でも、加入者自身の年齢やライフプランから適切なものではなくなってしまう恐れもあります。 そこで、自分に合ったポートフォリオを定期的に見直していく必要があります。
ここでは確定拠出年金の運用では必須ともいえる「リバランス」を実施するための「配分変更」「スイッチング」について確認しましょう。

確定拠出年金の運用方法とは

1. 掛金額を決定する

老後資産の目標額やライフプランに応じて掛金額を決定します。加入時年齢によって目標額は変わります。

2. 運用方針を決定する

加入者の年齢やリスク許容度に応じて「利回り○○%を目標にする」「バランス型投資信託で運用する」など運用方針を決定します。 年齢ごとに参考となる運用方針はこちらをご覧ください。

3. ポートフォリオを作成する

運用方針に合った運用商品を選択します。 同じ国内株式でもファンドの運用方針や経済情勢、市場環境によって異なる値動きをするものもあるので、運用商品ごとの特性にも注目してみてください。
運用商品の詳細はこちらをご覧ください。

4. 定期的にモニタリング(運用状況のチェック)

運用方針に応じたアセットアロケーションが維持されているか定期的に確認します。 確認の頻度に決まりはありませんが、年1~2回くらいが望ましいと言えます。 また転職、結婚などのイベント発生時もそのタイミングと言えるでしょう。

5. 必要に応じてリバランスする

運用方針とズレが生じた場合は、「配分変更」や「スイッチング」を活用し、適切なポートフォリオにします。

配分変更
毎月の掛金で購入する運用商品の種類や配分割合を変更することです。
配分変更にかかる手数料は無料です。毎月の拠出日前であれば何度でもやりなおすことができます。

スイッチング
スイッチングとは、これまでに積み立ててきた資産の商品構成などを変更することです。
下図のように、「商品Bと商品Aの一部を売却して商品C、D、Eを購入する」といったことができます。この場合、全体の資産残高は変わりません。

SBI証券では企業型・iDeCo(個人型)の
確定拠出年金サービスをご提供しています

お問い合わせ

企業型確定拠出年金
0570-053-401
平日9:00 - 17:00(年末年始を除く)
お問い合わせ
iDeCo(個人型確定拠出年金)
0120-581-214
平日・土曜日 8:00 - 18:00(年末年始、祝日を除く)
※土曜日は新規加入のお問い合わせのみ承ります
携帯
PHS
03-5562-7560