企業型確定拠出年金の制度概要

企業型確定拠出年金(企業型DC)は、会社が掛金を負担し、加入者自らが運用商品を選び運用します。
受給額は運用結果に応じて増減します。

企業型確定拠出年金とは

従業員・役員のための企業年金制度です

60歳未満の厚生年金保険被保険者が加入できます。企業型年金規約で一定の年齢(60歳~65歳)を資格喪失年齢として定めることで、その年齢に達するまで積み立てることができます。

運用商品は加入者自ら選択し、運用します

加入者自ら運用商品を選択・変更し、運用します。受給額は確定しておらず、運用結果に応じて受取額は増減します。

加入から受け取りまで多くの税制優遇措置があります

掛金は全額非課税です。また運用益に対する課税もされず、受け取り時にも受取方法に応じた税控除を活用できます。

離転職時にも年金資産を持ち運べます(ポータビリティ)

原則、離転職時も他の確定拠出年金制度に年金資産を持ち運ぶことができます。

加入から受け取りまでの流れ

  • 会社が掛金を毎月、加入者の確定拠出年金口座に拠出します。
  • 加入者は、運用商品を自ら選択し毎月積み立てます。
  • 年金資産は、加入者自身で運用します。運用商品の変更やその配分割合の変更も自由にできます。
  • 離転職時も課税されることなく持ち運び可能です(ポータビリティ)。
  • 原則60歳*到達時に受給権を取得します。企業型確定拠出年金の場合、積立期間を最長65歳まで延長することができます。 ただし、会社の年金規約で定めていただく必要がありますので詳細はコールセンターまでお問い合わせください。
  • 受取方法は「一時金受取」または「年金受取」から選択できます。 一時金受取の場合は退職所得として退職所得控除、年金受取の場合は雑所得として公的年金等控除の対象となります。
*確定拠出年金の加入者または運用指図者の通算期間が10年以上の場合。

中小企業に特化した導入コンサルティングで、充実のサービスをご提供いたします

「企業型DCは大企業のもの」そんなイメージを覆すSBI証券の企業型確定拠出年金(ダイレクトプラン)は、加入者1名から制度導入ができます。
さらに一企業に一担当者を配置し、複雑な制度導入の手続きを全面的にサポートします。

資料請求・お問い合わせ

企業型確定拠出年金(企業型DC)の導入をご検討の方や、ご提供プランに関するご質問はお気軽にご連絡ください。